さくら

桜の木の下を歩いていたころ。
春の陽
PAGE TOP