桜の木の下を歩いていたころ。
久しぶりにすっきりと
その花言葉は
春の嵐
降り注ぐ月あかりには
なによりも目を奪われたもの
春の陽
波しぶきをあげて
地面から目覚めるもの
PAGE TOP